« 遠足(太宰府天満宮編) | トップページ | HAPPY WEDDING ! »

2007年2月20日 (火)

遠足(九州国立博物館編)

九州国立博物館。

128_2838_1     

                                                           

                         

太宰府天満宮側のエントランスはこんな感じ。

和風の大きな屋根です。

Dscn0268_1

その中は?と言うと。。。

128_2858_2

こっちは近未来的。。。

看板もネオンサインっぽい。

Dscn0272_4

   ↑KOUさん撮影 / eco撮影↓

128_2861_2

(カメラ2台だと写真も色々で楽しい♪)

                                                         

館内に入ると。。。

博物館というか、巨大駅!?みたいな感じです。

128_2862_1

ロビーでは神楽の上演があったりしていて、ワイワイしていました。

Dscn0274_1

Dscn0279_1

しかし何所をとっても和洋折中だな。。。

                                                         

                                                         

若冲と江戸絵画―プライスコレクション―  会場入口。

Dscn0276_1

残念!写真を撮れるのはここまで。

                                                         

この展示のコレクショナーである、アメリカ人のジョー・プライスさんは、個性的な江戸絵画の世界に魅せられ、伊藤若冲のある水墨画を初めの一枚とし、蒐集を始めました。その約600点にのぼるコレクションの中、109作品が今回展示されています。          

展示室に入って一番始めに展示されていたのは、若冲、例の『葡萄図』という水墨画でした。                                                    

そして、すごい!すごい!

掛軸、屏風がずらりと展示されています。                                    

― 墨でさらりと描いたもの

― 奇抜とも言えるような鮮やかな色使いのもの

― 柔らかく奥深いもの

この3つイメージのものが多いように思いました。

( どれも、『んん!?』と立ち止まるような作品ばかりです。)

                                                         

展示方法も工夫が凝らしてあって面白かったです。

テーマごと分けられた部屋には

正統派絵画・京の画家・エキセントリック・江戸の画家・江戸琳派

とそれぞれ名前が付いていました。     

                                                          

一番面白かったのが“エキセントリック”の部屋、

名前通り強烈な印象を受ける画の部屋です。

ホットピンクの背景に編集されて、看板や入り口のパネルに使われたいた『紫陽花双鶏図』は、実物はその上をいく鮮やかさでした。実在しない羽の部分のデフォルメによって、雄鶏が羽を逆立てて怒っている様が面白いように伝わってきます。これは不気味な位リアル、圧巻でした。

な~んか、

なんかなんか、                                                           

江戸時代に描かれた画と自分が同じ場所にいて、何百年も前の色やデザインがそのままの形で目の前にあって。。。って、奇跡みたいなことだなぁ、って思ってしまうんですよね。

こういうシチュエーションになると、展示室の中でボ~(。。)っと不思議ちゃんになってしまう事がよくあります。

この感覚が中毒性強!なんです。

だから美術鑑賞はやめられないんですね。                                     

                                                        

あと、これはKOUさんと後で話したんですけど、自分が好きだなと思った画がそれぞれ何点かあって、それは二人共全く別の画でした。やっぱり一人ひとり、感じることって違うんですね~。

                                                           

。。。それにしても、時間が無い!

特別展の会場を出たのが4時半前。

5時閉館なので、常設展は早足で流す形になりました。

見応えのありそうな常設展だった。。。

でもでも、

絶対また来るぞ!九州国立博物館!

                                                         

閉館と共に九博を出発した私達は

一路下関へ!

                                                        

強行突破的なスケジュールです。

ず~~っと運転してくれているKOUさん、

コリで硬くなってしまった肩をぐるんぐるん回していました。

私に出来る事といえば肩モミ位。。。

ただただ感謝です。

                                                           

下関ではKOUさんに河豚の美味しいお店に連れて行ってもらいました。

128_2866_1

河豚三昧♪

生まれて初めておなかがはち切れる程の河豚を食べました♪♪

                                                            

広島へ帰る車中では、KOUさん、ecoと交互に睡魔がやってきたようですが、何とか二人共寝ることなく、一日を振り返ったりしながら楽しく帰ってきました。

                                                        

                 

遠足、良かったな☆

チケットの半券は大切に残しておこうと思います。

Image_13

                

                  by eco    

                  

                                                        

    

|

« 遠足(太宰府天満宮編) | トップページ | HAPPY WEDDING ! »

コメント

確かに!
あのピンクはミクラスさんの携帯のピンクだ!
某美術館にもポスター貼ってありましたっ((^曲^))

それから!
今日はSHARPの裏技伝授、ありがとうございましたDEATH☆

博多ラーメンは食べてないんですぅ。実はこのわたくし、九州に遊びに行ったことが一度も無かったんです。だから今回の初九州は新鮮だった!2回目の九州では必ずや!

それにしても、大阪のデスコって、スゴイ!
どこだろぉ~???

投稿: eco | 2007年2月21日 (水) 21:44

FUJImamaさぁん♪
ありがとうございます!遠足楽しかったです!
確かに学生時代とは一味違う旅ですよね~
しかし旅先での話の内容は何の成長もないような。。。
まっ 楽しいのが一番ですね☆

FUJImamaさんは車で何処までも行くイメージがあります!
しかもいつも結構ハードなスケジュールで!

旅もいいけどFUJImamaさんのお家だったら、家が天国ですよ~ウンウン!

投稿: eco | 2007年2月21日 (水) 21:31

若冲ピンク  私の携帯みたいでないかい?

鮮やかでイイね。デフォルメ気味の動物たちがステキDEATH。

エスカレーターかっちょいい!!
某美術館とは一味違う( ̄∇ ̄;)
昔行った大阪のデスコの入口によく似てて、ときめきましたがな♪(~ ̄▽ ̄)~

博多ラーメンは食べたのでしょうか?

投稿: ミクラス | 2007年2月21日 (水) 18:29

学生の時とは、少し違った?遠足♪
良かったですネ
建物も素敵で・・・
私だったら昔とは(かなり昔だけど(笑)、違う、少し大人になった気分で楽しめたかも?
今はワンまみれで、慌ただしい?毎日だけど、たまには静かに過ごすのもいいな?
そうそう、学生のときでは河豚は食べられないけどねっ!

投稿: FUJImama | 2007年2月20日 (火) 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠足(太宰府天満宮編) | トップページ | HAPPY WEDDING ! »